顔のイボには、ウイルス性のものと、そうでない普通のものがあります。
それらに違いはあるのでしょうか? 見分けられるものなのでしょうか。

リサーチしましたので、みていきましょう。

-ウイルス性のイボと普通のイボの違い
◆見た目
▼ウイルス性イボ
菌が異なるために違うのですが、大きくわけで2つのタイプがあります。
・1つ目は水イボといって、皮膚が袋のような状態になり、中に菌が入っているタイプです。
白っぽい肌色~普通の肌色だったり、周囲の皮膚が炎症を起こして赤くなったりもします。
・もう1つは、小さな突起がたくさんできるタイプです。
肌色のポツポツとしたものが密集しているようなイメージです。
一度にたくさんできてしまうことが特徴であり、また、他の皮膚にまで感染してしまうと、どんどん広がっていくこともあります。
痛み、痒み、痺れなど、感覚的な特徴はないです。

▼普通のイボ
薄い肌色~ホクロのような黒色まであり、隆起しているものから平らなものまで色々なタイプがあります。
初期段階は大変小さなものであっても、放置しておくと、少しずつ大きくなっていくことがあります。
発見したらすぐケア開始! ですね。
こちらも、痛み、痒み、痺れなど、感覚的な特徴はないです。

◆原因
▼ウイルス性イボ
水イボはポックス科のウイルスが原因です。主に、子供に発症するイボです。
そして、ウイルス性のイボ(小さなポツポツ)はヒトパピローマウイルスという菌が皮膚の小さな傷から侵入して感染することです。
それらの菌は自然界のどこにでも存在しているため、明確な感染経路は判断しにくく、また、いつでも感染するリスクがあるとも言えます。
特に水イボは見た目も目立ちますし、気になる人が多いと思いますので、感染しないように注意したいですね。
皮膚にかすり傷などの本当に小さな傷ができているだけでも侵入する可能性がありますので、皮膚に傷を発見した場合は、傷口を密封するタイプのテープなどで覆うのがいいかもしれません。
傷パワーパッドなど、治りも早めてくれ、菌の侵入も防いでくれるアイテムを使うのもよさそうですよね。
とにかく、気をつけないと、発生すると、感染範囲の拡大や他者への感染も考えられますから。

▼普通のイボ
加齢、もしくは生活習慣の乱れによって皮膚が老化することが大きな原因です。
ターンオーバーが崩れてしまい、メラニンや不要な角質を排出できなくなってしまうため、それらが蓄積されてき、やがて、固くなって顔のイボとしてあらわれてしまうのです。
加齢が原因である場合は、特に紫外線は要注意です。
そもそも、ターンオーバーが正常に機能していても、年齢を重ねる毎に周期が長くなってしまいます。
若い頃と同じように紫外線を少量浴びているだけでも、排出ペースが遅くなっているため、できやすくなってしまうのですね。
顔のイボ発生を防ぐために、紫外線は浴びない、ターンオーバーをなるべく乱さないようにしていきたいですね。

◆その他
いずれの顔のイボも、多くは良性ですが、もしかすると悪性の腫瘍である可能性もございます。
短期間で急速にサイズが大きくなったなどの異常を感じたり、少しでも不安に思われたら、迷わず皮膚科へ行って診断してもらってくださいね。
悪性だった場合は手術で摘出するなど、医師による治療が必要です。

-顔のイボまとめ
色味をより帯びているほうが普通のイボである可能性が高いのですね。
また、良性だと思っていても悪性なこともあるようですので、注意しておきたいですね。
判断に迷ったら、病院で検査しましょう。