顔のイボって何種類もあるのでしょうか。
一体、どういった種類があるのか、調べました。

-ウイルス性のイボ
水イボ、尋常性疣贅です。
子供から二十歳くらいまでにかけてできやすいとされています。
顔のイボでもありますが、体にもできます。

水イボは、ポックスウイルス科の伝染性軟属腫ウイルスが皮膚へ付着することが原因です。
健康な皮膚なら問題ないことがほとんどなのですが、かすり傷程度の小さな傷でもあると、そこから侵入してしまいます。
また、乾燥によって皮膚がダメージを受けている場合も感染しやすいです。
触れてしまったからといって、必ず感染するものではないですが、確率がかなり高いので、発症したら別な箇所や他者へ移してしまわないように注意が必要です。

見た目は、水が入ったイボのようです。皮膚が袋のように盛り上がっており、その中に菌が入っています。
特徴としては、特に何もしなくても体内に抗体ができると自然治癒する点です。
しかし、前述にもあるように、感染を広げてしまうことは避けるべきですので、発症したら早い段階で、病院などで治療してもらってくださいね。

尋常性疣贅も同じくして、ウイルスが傷から侵入することが原因です。
違いは、ヒトパピローマウイルスである点です。
菌の種類が違うのですね。

また、見た目も異なります。
水のようなものはなく、少しだけ隆起している小さなイボです。ポツポツのようなものなのです。
痛み、痒み、痺れなど感覚的な症状はなく、早期ではあまり目立たないため発見しにくいですが、一度に複数できてしまうこともあります。
こちらも、自然治癒が可能なのですが、感染拡大を防ぐためにも、病院で治療されることをおすすめいたします。

-老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)
老人性疣贅と言うと、わかりにくいですが、老化が原因でできる老人性のイボです。
顔のイボの代表格だと思います。
年齢を重ねたことによって、美肌を保つのに必要な成分の分泌量が減少していきますよね。
そうなることで、ターンオーバーの周期が長くなってしまったり、機能が低下してしまいます。
そして、老廃物がきちんと体外へ排出されずに残ってしまい、そのまま固くなってイボとしてあらわれるのです。
肌が紫外線や乾燥などでダメージを負ってしまうと、なおさらできやすくなります。
80代以上になると、ほとんどの方に発症すると言われています。

紫外線に関しては、日焼け止めなどのUV対策をとり、乾燥を防ぐには分泌される成分では間に合わないのなら、保湿効果の高いスキンケアアイテムで補いましょう。

また、衣服が皮膚に擦れる、顔のマッサージをしすぎることなどが原因で、摩擦が生じて、皮膚にダメージを与えることもあるので、顔の皮膚には、あまり強く触れないようにしましょうね。

老人性疣贅は、良性の腫瘍なので、放置しておいて問題ないですが、顔のイボなので、気になりますよね。
色が濃くなったり、大きくなったり、数が増えてしまうこともありますので、イボケアができるアイテムや漢方薬、サプリメントなどでケアすることをおすすめいたします。

以上、顔のイボの種類でした。
種類を知って、対策をとって、顔のイボを作らないようにしたいですね。