首などに出来る角質粒を取りたいといった場合に、ハサミで除去するといった方法を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
この、ハサミで除去というのは自宅で行うことはできるのでしょうか。

今回は、角質粒をハサミで切り取る際の詳細をご紹介していきたいと思います。

自宅で自分で切り取るのはNGです

ハサミで切り取るといった原始的な除去方法は、原則行ってはいけません。
菌などの繁殖もありますし、再発の恐れもあります。
また、何より痛みや出血を伴うこともあるため、自宅でのハサミで除去というのは絶対行ってはいけません。
自宅でどうしてもケアをしたいといった場合は、スキンケア商品などを駆使して地道に治すといった方法を行うのが大切です。
手っ取り早く、ハサミで除去したいといった方は皮膚科に行くようにしましょう。

何科で切り取ってもらえるのか

上記でも申し上げた通り、ハサミで角質粒を除去する場合は皮膚科になります。
皮膚科ではハサミでの除去以外の方法もあるようですが、手っ取り早い方法且つ、簡単に行えるのはハサミでの除去のようです。

痛みはないのか?

角質粒をハサミで取る際に、気になるのは痛みではないかと思います。
痛みを伴うとなると、ハサミは何となく怖い気がしますよね。
しかし、角質粒などの除去をするときは麻酔をしたり、凍結させたりして神経を麻痺させてから根元を切り取るため、痛みはほとんどないといいます。
それでも、凍結や麻酔で少々痛い思いをするかもしれませんが、実際の治療でハサミをいきなり入れるよりは断然マシかと思います。

費用はどれくらいなのか?

角質粒のハサミ除去にかかる費用は大きさや数にもよりますが、大体1箇所1000円ほどだそうです。
ただし、これは保険が適用された場合の費用になります。
美容外科などで行う場合は、保険が適用されないことが多く、1箇所6000円から10000円ほどといった感じになっているため、ハサミでの除去を行う場合は皮膚科の方がお得に済むでしょう。
しかし、これだけの費用で済めばいいのですが、どうしても初診料や処方箋などの費用も絡んできますので、詳細な費用を知りたいといった場合は問い合わせをしてみるといいかと思います。

その他の気になる情報

角質粒は、ハサミで取ることはできるということでしたが、大きさが5mm以上ある場合は除去してもらえないこともあります。
また、あまりにも数が多すぎる場合は一度に取ってもらうことはできないそうです。
何個かプツプツとある場合は、一度に取ってもらえることもあるようですが、皮膚科によって違うかと思いますので、こちらも問い合わせてみるのが一番でしょう。

アフターケアは、とにかく傷の経過を診ていくということと、これから角質粒が出来ない様にお肌の改善を図ることです。

傷跡は残ることはほとんどないそうです。
心配であれば、お医者さんに尋ねてみるといいですね。

以上が、角質粒をハサミで取る場合の詳細になります。
これから角質粒を除去したい!という方は、ぜひ参考にしてみてください。