皆さんは、首に出来る角質粒と、老人性イボの違いって分かりますでしょうか?
実は、私もよく知らなかったので、調べてみることにしました。
年齢を重ねると出てくるポツポツはやはり気になるものです。
それでは、早速ご紹介していきたいと思います。

◆角質粒とは◆

よく耳にするのは角質粒といった類ではないでしょうか?
こちらのイボはどのような特徴があるのか調べてみました。
角質粒は、30代の方にもできるもので、角質が古くなり固まったもののことを指します。
角質粒が出来る大きな原因として挙げられるのは、お肌のターンオーバーの乱れによるものです。
皆さんもご存知かとは思いますが、私たちのお肌は一定の周期で再生を繰り返しています。
このようにして、余分な角質や老廃物をはぎとり、新しいお肌に生まれ変わることが出来ます。
ところが、体調や年齢を重ねることでターンオーバーというのは簡単に乱れてしまい、古くなった角質などが蓄積し、角質粒としてお肌の表面上に出来てしまうのです。

◆老人性イボとは◆

老人性イボとは、簡単に言えば、紫外線ダメージやお肌の再生能力の衰えなどから出来てしまうイボのことを指します。
老人性イボというのは、カテゴリーであり、一つの種類のイボというわけではありません。
そう、老人性イボに定義はないのです。

そのため、上記でご紹介した角質粒も実は老人性イボに分類されます。
老人性イボには、他にもスキンタッグやアクロコルドンといったものがあります。

スキンタッグは、首筋やデコルテに出来るポツポツとしたイボのことを指しますが、こちらは皮膚疾患の一つとして扱われています。
実際、疾患といっても体には何の害もない良性のイボとなっているので、安心はできるのですが、見た目が嫌という方が多いようです。
大きさが1ミリ~3ミリというのが特徴的です。

アクロコルドンはスキンタッグと同じような症状のイボですが、大きさがスキンタッグよりも小さいのが特徴です。
また、女性や肥満型の方に出来やすいといった特徴もあり、年齢を重ねることで増えてくるといわれています。

◆結局違いはないのか?◆

今回は角質粒と老人性イボの違いについてご紹介するといった内容でしたが、調べて行ってわかったことは、大きな違いはないということです。
違いというよりは、角質粒は老人性イボに分類されるもので、老人性イボというのはカテゴリーであるということが分かりました。

◆改善策はあるのか◆

老人性イボや角質粒の改善策は様々あります。
ハサミで切除する方法や、液体窒素で焼き切る方法、自宅でスキンケアをしてコツコツと治す方法など実に様々です。
手っ取り早く取り除きたいという方は、ハサミや液体窒素、レーザー除去などを選択するようですが、こちらは皮膚科で行うことが大前提です。
一方、自宅でケアをするといった場合は、時間はかかりますが、専用のスキンケア商品もあるようです。

気になる方は、ぜひ調べてみてくださいね。