顔のイボの大きな原因は角質です。
加齢や生活習慣の乱れなど、何らかの原因によりターンオーバーが乱れてしまい、角質が蓄積され、イボになるのです。

では、角質をケアすればイボもなくなるのではないでしょうか? それには、ピーリングが効果的な気がしますが、どうなのでしょう。

顔のイボにピーリングを使えるのか、効果があるのかについてみていきましょう。

-顔のイボに行ってもOK?
結論から言うと、OKです。
そもそも、施す箇所で最も多いのが顔ですので、問題はないのです。
しかし、クリニックで行われているもの、市販のピーリング効果があるアイテム、薬剤を購入して自力で行う方法、といくつかの方法がございます。

注意点としては、顔は非常に皮膚の弱く薄い箇所です。刺激に弱いとも言えます。
ですので、もし、自力で行う場合は、要注意です。
濃度が高い、やりすぎてしまった、など、間違った方法をとると、跡が消えなくなったり、取り返しのつかないことに発展する恐れもあるのです。
自力でないとダメ、という理由はあまりないと思います。ですので、もし、行いたい場合は、クリニックへ行かれるか、角質を落とす効果のある成分が配合された市販の石鹸やクレンジングを使用してくださいね。

-どんな種類がある?
肌に塗布しても問題のない濃度の酸、AHA(アルファヒドロキシ酸)やBHA(ベータヒドロキシ酸)を直接、肌に塗り、角質を溶かすというケミカルピーリング。
薬剤を使うのではなく、物理的に剥がしていくレーザー(またはダイヤモンドやクリスタル)ピーリングがあります。
クリニックでは、どちらも行われておりますが、市販のものは、ケミカルタイプです。
特に、AHA(アルファヒドロキシ酸)を配合したものが主流です。
BHAタイプは刺激が強く、日本人の肌には向いていないとも言われていますので、アイテム選びは慎重になさってくださいね。

-なぜピーリングがいいの?
ケミカルタイプも、レーザーも角質を除去する効果があるからです。
蓄積され、固くなった角質がイボの正体なので、その角質を溶かす、あるいは、物理的に強制除去してしまえば、改善されます。

そして、これは、特にクリニックでの方法なのですが、顔のイボ以外の皮膚もきれいになるのですが、だからといって、ずっと続けるのは危険です。
除去された分、皮膚が薄くなりますので、プロテクト機能が再び完全に確立されるまで、期間を開ける必要もあります。
市販のものに比べて、クリニックでは濃度が高めです。
同じクリニックでは、しばらく行ってもらえないからといって、そのことを伏せて別なクリニックで処置してもらう方も中にはおられるようですが、絶対におやめくださいね。

-注意点はある?
ケミカル、レーザー、どちらにしても、通常の状態ではなく、そして、ターンオーバーを促した末の排出、というわけでもないですよね。
言ってしまえば、無理やり除去しているわけです。
また、刺激もありますので、短期間に何度も行ってしまうと、むしろ、肌状態を悪くさせてしまいます。
市販のものも含めて、説明書や医師による注意事項をきちんと守って行わないと、余計なトラブルを招く可能性がありますので、注意してくださいね。

-まとめ
ピーリングは顔のイボにも効果が期待できるのですね。方法を間違えないように、しっかり自身の肌に合うものを選んで改善していきたいですね。