イボケアの薬と言えば、イボコロリを真っ先に思い浮かべませんか?
ネーミングが秀逸ですよね。イボケアアイテムだと一瞬でわかりますもの。
しかも、イボのみならず、魚の目やタコにも使える非常に便利なアイテムですよね。

さて、そんなイボコロリですが、顔のイボにも使えるのでしょうか?

-顔のイボにも使えるのか?
イボコロリには、いくつかの種類がございます。
それぞれみていきましょう。

▼塗り薬
直接患部へ塗布するタイプです。こちらは、サリチル酸が配合されています。
このサリチル酸は、皮膚へ使うこともあるのですが、イボコロリの場合は、配合量などから、顔には不向きなのです。というよりも、顔には使わないでください。
商品を実際に購入するとわかりますが、使用書にも書いてあります。
顔のイボに使用した場合、必ず、肌トラブルが起きるかというと、そうではないのです。また、トラブル覚悟で使って、結果大丈夫だった、と仰る方もいらっしゃることにはいらっしゃいます。
インターネットで検索しても、そのような声を見ることができます。そうなると、ちょっと試してみようかとも思ってしまいそうですが、危険は避けるべきですので、使わないでくださいね。
◆顔にも使える?
不可、ということですね。

▼貼り薬
絆創膏(シール)タイプで、患部へ貼ることにより、有効成分が浸透して、症状を緩和させていくものです。
絆創膏に薬剤が染み込ませてあるのですが、こちらもサリチル酸が配合されています。
◆顔にも使える?
同じく不可です。絶対に使わないでくださいね。
イボを改善しようと思っているのに、間違えて使ってしまうと、思わぬトラブルを引き起こす要因になってしまいますよ。

▼内服錠
錠剤タイプのものを服用する方法です。
こちらは、イボ改善に効果的とされるヨクイニンが配合されています。
ハトムギの皮を除いて抽出した成分ですね。
ヨクイニンに含まれているタンパク質やビタミンB群などの栄養素に、抗腫瘍作用、抗炎症作用、利尿作用(デトックス効果)があるので、改善が期待できますね。
ちなみに、美白効果や、美肌効果もあるとされているので、イボのみならず、お肌全体の調子もよくなるかもしれないですね。
※小麦アレルギーの方は使用できませんのでご注意ください。

内側からイボ改善に働きかける方法なので、即効性はないです。
服用を続けるうち、徐々に、ヨクイニンの有効成分が効いてきます。
人によりますが、長期的に服用を続けていって、緩和に向かう、といった流れです。

またこちらは、第3類医薬品ですので、医師の処方なしに、ドラッグストアなどで購入することができます。
◆顔にも使える?
顔のイボにも使えます。

-まとめ
色々なタイプがあるのですね。
顔のイボをイボコロリで治したい、と思われるのでしたら、錠剤タイプのもしかない、ということですね。
効いてくるまでに時間はかかるものの、イボを改善できるのだったら使いたいですね。
しつこいようですが、大切なことなのでもう一度。錠剤タイプ以外のイボコロリは絶対に顔へは使わないでくださいね。