角質粒が出来るところで、とても疑問に思う場所があるかと思います。
角質粒って、首に出来ることが多くありませんか?
首に角質粒が出来てしまう原因とは一体何なのでしょうか?
早速、首に出来る角質粒の原因について調べてみました。

◆角質粒が出来る原因◆

角質粒は、名前にある通り角質の塊のことを指します。
こちらは、古くなった角質がターンオーバーの乱れにより蓄積してしまいできるものです。
そして、角質粒には様々な大きさや形があり、だいたいが1mm~3mm程度のものになるのですが、稀に4cm~5cmほどの大きさになり、盛り上がるものもあるようです。

色も褐色系や淡色系の茶色や黒、肌色といった様々なものがあります。
ターンオーバーの乱れが一番の原因と考えられますので、年齢を重ねると増えてくるというのがこの角質粒の特徴です。
早い方では30代からすでに出来始める方もいらっしゃいます。

◆首に出来やすいのはなぜなのか◆

今回は、首にできる角質粒の原因ということで、なぜ首に出来やすいのか?という点についてお話していきたいと思います。
首に出来やすい理由として挙げられるのは、以下の通りです。

・紫外線ダメージを受けやすい部位であること
・肌が乾燥しやすい部位であること

この2点が、主な原因となるのではないでしょうか。
しかし、これらはすべて改善や対策をとることが出来ます。

首というのは、意外とケアを怠りがちな部位でもあります。
余った化粧水などを浸透させるだけでもだいぶ違うのですが、化粧水と聞くと、どうしても顔だけで済ませてしまいがちですよね。
ここをまずは見直していってみましょう。

スキンケアを行うときは首やデコルテ付近までスキンケア商品を使用してあげることで改善することが出来ます。

また、紫外線ダメージを受けるということですので、日頃から顔だけではなく、首元もしっかりと日焼け止め対策を行ってあげることも大切です。
他にも、お風呂で身体を洗うときのタオルを綿のものに変えてみたり、冬場のお洋服を繊維の優しいものに変えてあげるだけでもだいぶ変わります。

特に、寒いからとタートルネックなんかを着ると、繊維負けしてしまう方もいらっしゃるようで、これが原因となってしまうこともあるそうです。
ネックレスなどの金属もしかりです。

◆スキンケアで気を付けるべき点◆

既に角質粒が出来ているといった方は、根気が必要ではありますが、保湿を忘れないことがポイントです。
保湿を行うことで、角質粒は柔らかくなってきます。
そして、柔らかくなった角質粒は次第に取れようとします。
また、そういった専用のオールインワンゲルも販売されていますので、そういった商品を活用するのもアリです。

まだできていないけど、これから心配という方も同じです。
予めケアをしておくことで、これからできそうな角質粒を未然に防ぐことが出来ますので、ぜひ首元やデコルテのケアも日ごろから合わせて行ってみてください。

【関連記事】⇒角質粒は薬局で買える市販薬で取ることは出来る?