顔のイボが気になって洗顔が上手く出来ない・・・と思っている方はいませんか?
そういった方は、恐らく痛みや流血などが気になるのではないでしょうか?

しかし、顔のイボを気にして洗顔を怠っていると大変なことになるので、洗顔はしっかりと行いましょう。

一般的な洗顔方法でOKですので、今日からトライしてみてください。

①ダブルクレンジングは必須です。まずはクレンジングを行いますが、クレンジングは30秒で終わらせることです。
クレンジングというのは毛穴の汚れや角質を浮かせる作業となるので、長い間行っていると逆効果です。
また、瞼や唇周辺など皮膚の柔らかい部位はゴシゴシするのではなく、優しくなでるように行います。

②洗い流すときは入念に行います。
クレンジング(特にオイルクレンジング)は早く落とさなきゃ!と思いサッと洗い流す方も多いようですが、洗い流すときはしっかりと洗い流しましょう。

③洗顔は2分以内が原則です。
洗顔を行う際は、まずキメの細かい泡を泡立てネットで作り、皮膚を触らないように顔全体に広げます。
そして、泡の上から「汚れ、角質、さよなら」と念を送りながら優しくクルクルと汚れを落とします。
このとき、瞼や唇周辺はクレンジングと同様、他の部分よりもより優しく洗ってあげるのがポイントです。

④洗い流しはやはりしっかりと行います。
洗い流しをする際は、洗顔料が残らないように洗い流しましょう。
5回ほどすすいで、よしOKなんてことはあり得ません。
10回はまんべんなくすすいで、お肌に洗顔料が残っていないことを確認してから洗顔を終えましょう。

さて、これらはとても基本的な洗顔方法になります。
顔にイボが出来ている方でも、これならゴシゴシせずに済みますし、できますよね?

しかし、問題2点あります。
1つは洗顔料やクレンジング選びです。
洗顔料は人それぞれのお肌に合ったものを選ばないと、症状が悪化する場合もあります。
敏感肌の方は低刺激のものを選ぶことが大切ですし、脂性肌の方はクレンジングはオイルではなくクリームタイプのものを選ぶのが良いです。
混合肌の場合は、水分が足りていないため、水分を保持してくれるような成分が配合された洗顔料やクレンジングを選ぶのがベストです。

そして、問題点の2つ目は、洗顔にばかり気を取られているという点です。
顔のイボが気になって洗顔がまともにできない・・・。
こういった方の中に、手にイボがある方はいらっしゃいませんか?
実は洗顔で大切なのは清潔な手で洗顔をすることも一つなんです。
潔癖と言われてしまえばそれまでですが、洗顔をする前に手を一度洗いましょう。
手に付着した菌が顔のイボの原因となりうることもあります。
そのため、手をしっかり洗ったあとに、上記の工程で洗顔を行うとより顔のイボには優しい洗顔が出来ることと思います。

とはいえ、自分に合った洗顔料やクレンジングを選ぶってとっても大変なんですよね。
そういった方は、一度、自分のお肌がどのタイプに分類されるのか?というのを調べてみるといいかと思います。