皆さんは、毎日スキンケアをされていますでしょうか?
何年も生きていて、サボったことがないという方は、恐らくいらっしゃらないかと思います。
もしもそういった方がいらっしゃるのであれば、それは天晴としか言いようがありません。

さて、ここでご紹介させていただくのは、スキンケアの手順についてです。
筆者は、スキンケアをサボることがよくあるのですが、その際にスキンケアの手順をド忘れすることがあります。
女子力の低さを感じますね。

しかし、ここでお伝えする手順は確実ですので、ぜひ参考にしてみてください!

◎基本的な手順
スキンケアの基本的な手順は、化粧水⇒乳液⇒クリームといった順番になります。
しかし、年齢を重ねると、化粧水と乳液とクリームだけではどうにもならなくなってきます。

そこで、美容液や美容クリームなどが入ってくるわけです。

◎スキンケアとはそもそも何なのか
スキンケアと言葉ばかり耳にしますが、スキンケアの正しい知識をご存知でしょうか?
スキンケアはただ塗ればいいというものではありません。

お肌をすこやかに保つこと、これが目的です。
では、すこやかなお肌とはなんなのでしょうか?

1.表皮が潤いで満たされており、お肌のキメが整っていること
2.真皮がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸で満たされて、お肌にハリがあること
3.皮下組織に適度な脂肪があり、ハリがあること

この3種類がそろえばすこやかなお肌と言えます。
・・・なかなか難しいですよね?

◎朝のスキンケアの順番
朝のスキンケアの順番は以下のようになります。

1.洗顔
2.化粧水
3.美容液
4.乳液やクリーム

この順番で、洗顔は手早く、スキンケアはできるだけ念入りに行います。
しかし、朝はどうしても忙しい時間ではあるので、朝はサッと済ませてもOKです。

◎夜のスキンケアの順番
夜のスキンケアの順番は以下のようになります。

1.クレンジング
2.洗顔
3.化粧水
4.美容液
5.乳液やクリーム

夜は、クレンジングが増えただけなのですが、朝も夜もそれぞれにしっかりと役割があります。

◎クレンジングの役割
お肌に乗せた日焼け止めやメイクなどを落とすために使用するものです。
一日のリセットといった感じで使用しましょう。

◎洗顔の役割
お肌に重なってしまったほこりなどを落とすための作業です。
朝は寝ている間、夜は一日の汚れを落とすことが目的となります。

◎化粧水の役割
角質層まで潤いを与える役割があります。
また、基礎化粧品がなじみやすくなるためにも、化粧水は欠かせません。

◎美容液の役割
美容液は目的に応じて変えていくことがポイントです。
シミを消したければシミ専用の美容液を、ニキビなどが気になる場合はそちら専用の美容液を使用します。

◎乳液やクリームの役割
油分を与えてお肌のキメを整える役割があります。
また、水分の蒸発を防ぐためのフタにもなるため、乳液やクリームは大切な役割になります。

これらがスキンケアのすべてです!
知っていて行うのと、知らずに行うのでは、お肌のコンディションも変わってくるかもしれません。

【関連記事】⇒スキンケアでニキビ対策もばっちり!