皆さんは、目元の紫外線対策はどのように行っていますでしょうか?
現在ではコンタクトにもUVカットが出来るようなものが販売されており、サングラスやコンタクト、どれを選べばいいのか分からない!という方も多くいらっしゃることと思います。

今回は、中でも利用者の多いサングラスの選び方についてご紹介していきたいと思います。
この機会に、サングラスに挑戦してみたい方はチャレンジしてみてくださいね。

サングラスの色について

サングラスはレンズの色が濃い方がカットされているように思いますが、これは間違いです。
サングラスの色が濃いと、瞳孔が開いてしまい、逆に紫外線を目の中に取り込んでしまいます。
そのため、サングラスの色は薄めのブラウン系や透明のものがいいでしょう。

どんな表記がされているものがいいのか

サングラスのコーナーに行くと、大体の商品が「UVカット」などと表記されています。
しかし、どれくらいカットしてくれるのかまで表記されていないと、イマイチ安心して購入することが出来ません。

主な表記は、UVカット率、紫外線透過率、UV400の3種類になります。

UVカット率は高い方が、紫外線をカットしてくれるため、選び方としてはUVカット率の表記の場合は数値が高いものを選びます。

一方、紫外線透過率というのは、どれくらい紫外線を通してしまうのか?という表記ですので、数値が小さいものを選びます。

UV400というのは、紫外線の波長のことを指しています。
そのため、UV400の表記は、波長が400以下の紫外線であればカットします。
ちなみに、紫外線の波長はMAXが400です。

価格によって変化はあるのか

選び方についてご紹介するにあたり、価格は一番大切なところかと思います。
というのも、上記でご紹介した表記ですが、数値がいいものほど、価格は跳ね上がるからです。

なので、極端な話ですが、UVカット率99%や紫外線透過率4%、UV400という商品は基本的に高価なサングラスになります。

妥協してしまうと、目にも影響が出てしまうので、できるだけ妥協のない買い物をすることをお勧めします。

大きさは関係あるのか

サングラスを選ぶにあたり、大きさなども気になってくるかと思いますが、そこまでこだわっていたらキリがありません。
大きさは好みのものでOKかと思います。

ただ、ゴーグルタイプのものを稀に購入される方がいらっしゃるようですが、こちらは花粉症などをお持ちの方にはお勧めです。

伊達めがねもアリ

UVカット率や紫外線透過率などの数値が良ければ、伊達めがねでも全然問題ありません。
というか、光を取り込まないように瞳が瞳孔をしっかりと閉じてくれるので、伊達めがねでそういった商品があれば積極的に狙っちゃいましょう。

いかがでしょうか?
サングラスの選び方、少し参考になりましたでしょうか?
高価なサングラス程、やはり質は良いようですので、思い切って購入してみてくださいね。

【関連記事】⇒紫外線対策にはどんな栄養素を摂ればいいのか?