美肌維持に欠かせないのは正常なターンオーバーですよね。
そのターンオーバーを乱さないためには睡眠をしっかりとることが重要です。
それは眠っている間に成長ホルモンが分泌されて、新陳代謝が活発化されるからです。

では、ターンオーバーと睡眠の関係は具体的にはどのようなものなのでしょうか?
・関係について
・どのくらい眠ればいいのか
・おすすめの眠る時間帯とその理由とは?
・基本的に無料で用意できる上質な眠りに誘ってくれるアイテムなど
についてご紹介いたしますのでご覧ください。

関係について

成長ホルモンが分泌されることにより、ターンオーバーが開始されます。
しかし、成長ホルモンが分泌されるのは主に寝いている間です。

そのため、新陳代謝を活発化させるためには、睡眠が欠かせないのです。
ターンオーバーと睡眠は切っても切れない深い関係にあるのですね。

どのくらい眠ればいいのか

体質やライフスタイルによっても異なりますが、通常、成人の場合は6~8時間の睡眠をとることが推奨されています。
平日は仕事が忙しいので週末に寝溜めする、という方もおられますが、実は、寝溜めはできないのです。
週末にたくさん眠ることはいいことだと思いますが、貯蓄のようにして翌日に持ち越すことはできませんのでご注意ください。

おすすめの眠る時間帯とその理由とは?

おすすめは、諸説ありますが、深夜0時前後です。
特に、夜の10時から深夜2時にかけての4時間がお肌回復のゴールデンタイムだと言われています。
ただし、毎日、必ず夜の10時になったら就寝するというのは、中々難しい場合があるかと思います。
また、あまりにも気にしすぎると返ってストレスになってしまうこともあります。

深夜の0時前後には眠るように心がけ、もし、眠れなくても気にしないようにしましょう。

ライフスタイルの関係で、どうしても夜眠ることができない方も、気になさらず、何時に眠るかよりも、毎日同じくらいの時間に眠ることを心がけるようにしましょう。
規則正しい生活は生活習慣の乱れも改善することに繋がりますし、美肌にとっても有効な手段と言えます。

基本的に無料で用意できる上質な眠りに誘ってくれるアイテムなど

・部屋を暗くする
・できる限り無音に近づける
この2点が重要です。
ただし、遮光や防音効果のあるカーテンを購入して、ドアや壁までカスタムするとなると大変な手間ですし、費用も嵩んでしまいます。
眠る際は、カーテンとドアをきちんと閉めて、体に負担をかけない、締め付けないタイプの服装にしてください。
そして、眠るときに、小さめのタオル(ない場合はバスタオルを折りたたんだものでも可です)を目の上に乗せるだけでも、遮光効果を発揮し、落ち着いて眠ることができますよ。
ぜひお試しください。
それ以外にも、お持ちの場合は、遮音のために耳栓をすることや、リラックスすることで眠りやすくするために好きな香りのアロマなどを利用するのもいいでしょう。

美肌のもととなるターンオーバーを正常な状態に保つためにも、「深い眠り」と「充分な眠り」をとるようにしましょう。

【関連記事】⇒ターンオーバーの乱れを改善する方法とは?正常に整える為の方法