皆さんは、日頃、どういったスキンケアを行っていますか?
シミ対策は、いわば紫外線対策に繋がります。
そのため、もしも現在シミ対策を行っているのであれば、そのままのスキンケアで問題ないでしょう。

しかし、何の対策もせず、ただ何となくスキンケアを行っているという方は、これからは紫外線対策にシフトしてみてください。

きっとお肌の調子なども変わるかと思います。
早速、紫外線対策に有効なスキンケアをご紹介していきたいと思います!

まずは紫外線と日焼けのメカニズムを知ろう

恐らく、太陽にあたると日焼けするよね~くらいの知識はあっても、なぜそういった状態になってしまうのか?というところが分からない方も、実は多いのではないでしょうか?

まずは、紫外線と日焼けのメカニズムについて知る必要があります。

日焼けは、太陽光に含まれている紫外線の影響で起こる火傷のようなものです。
この、紫外線に対して身体が勝手に防御反応を起こし、メラニン色素を生成します。
メラニン色素は紫外線から身を守るために一時的に生成されるもので、本来であればターンオーバーですべて排出されます。

ところが、紫外線を大量に浴びすぎると、メラニン色素の生成に異常が起こり、必要以上にメラニン色素が生成されてしまいます。

それを、ターンオーバーでうまく排出することが出来なくなり、シミへと繋がっていくのです。

紫外線対策に必要なスキンケア

紫外線対策に必要なスキンケアは、主に美白です。
まだ日焼けをしていない状態なのであれば、とにかく保湿と美白を意識してみてください。
保湿はセラミドがたっぷりと配合されているものや、何種類ものコラーゲンが配合されているスキンケア商品がお勧めです。
また、美白にはビタミンC誘導体などがお勧めです。
保湿と美白さえしっかりと行うことが出来ていれば、紫外線対策はスキンケア部門ではできているも同然です!

既に日焼けしてしまって・・・

こういう方もいらっしゃることと思います。
仮に、ついさっき外出先から帰宅して日焼けしているとなった場合は、まずは、日に焼けてしまった部分を冷却・鎮静させます。

火傷をしたときって、皆さん冷やしますよね?
それと同じ原理です。

次に、できるだけ刺激の少ない化粧水をお肌に入れてあげます。
このとき、パッティングをしてしまうとお肌の刺激になりますので、そっと手で抑え込むように浸透させるのがポイントです。

お肌の炎症などが落ち着いたら、美白美容液をお肌に入れてあげます。
特にビタミンCやアルブチンが配合されているものだと、美白効果が期待できます。

ただし、日焼けをしたお肌は刺激にとても弱くなっているため、普段合っているスキンケア商品でも合わないことがあるかもしれませんので、パッチテストを行ってください。

紫外線対策は意外と簡単

ここまで読んでいただいてわかったかもしれませんが、基本的なスキンケアは変わりません。
ただ、スキンケアもどこに重きを置くのが重要なのか?というのを考えながら行う必要があるということだけ覚えておいてくださいね!

【関連記事】⇒意外な仕組み!紫外線対策と乳酸菌の関係