紫外線を浴びた後遺症といってはなんですが、年齢を重ねてくると、お肌にもいろいろな変化って出てきますよね。
ポツポツとイボのようなものが出来てしまったり、シミやそばかすなどが増えてしまったり、何かとため息をつきたくなることが多々あります。

ところで、サラッと出てきたイボですが、その原因、もしかすると紫外線が原因かもしれません。

イボと紫外線の関係性についてご紹介していきたいと思います!

◆紫外線はお肌の天敵!◆
紫外線はイボに限らず、お肌の天敵です。
紫外線が当たることで、お肌がバリアしようとメラニン色素を生成します。
ところが生成しすぎたメラニン色素を次は、排出しきれなくなり、シミやそばかすになります。

これと同様に、イボが出来ることにも紫外線が影響しているという理由があります。
先ほどのメラニン色素の生成とターンオーバーの乱れが関係しています。
ターンオーバーが乱れてくると、体外にメラニン色素を排出しきれず、それが角化してしまったり、盛り上がってきたりしてしまい、イボになってしまうのです。

◆ターンオーバーの乱れは全身で起こっている◆
ターンオーバーが乱れる原因はこちらの記事でも書きましたが、ターンオーバーの乱れは何も顔や首だけに起こっているわけではありません。
それなのに、なぜイボは顔や首にしかできないのでしょうか?
それは、顔や首の皮膚が薄い為です。
また、まともに紫外線を浴びやすいのが顔と首だからです。

近年ではショーパンブームがありましたが、脚は焼けるだけで済むというのは、そういうことなんですね。

◆紫外線が原因なら何歳でもイボはできるのか◆
実際、その通りなんですね。
紫外線が原因のイボというのは、年齢を問わず、お肌の新陳代謝が悪かったりすると、できてしまうようです。
早い方では20代後半から出来始めるという方もいらっしゃいます。
また、10代のうちは紫外線対策をあまり行わなかったりというのもあり、その年齢からすでにごくわずかにイボが出来てしまう子もいらっしゃるようです。

そうならないためにも、紫外線対策や新陳代謝の活発化は大切な作業なのです。

◆日焼け止め以外に出来ること◆
日焼け止め以外に出来ることはたくさんあります。
紫外線を浴びてすぐの場合は、お肌を冷却と鎮静させることが大事で、これらが終わった後にスキンケアをします。

また、お肌に刺激を与えないように洗顔を行ったり、紫外線が一番強い時間帯の外出を避けるなど、様々な方法があります。

これまで、他の記事でもご紹介させていただいていますので、気になる方は、そちらをチェックしてみてください。

◆現在お子様がいる方へ◆
イボも日焼けも、紫外線が原因です。
しかし、子供のころにしっかりと対策をしていれば被害が減るんです。
そのため、赤ちゃんや子供がいらっしゃる家庭の場合は、くれぐれも今から紫外線対策を行ってあげてください。

子供は理由が分からずに何かされることを嫌うので、日焼け止めなどを塗る場合は、理由もわかりやすく伝えるようにしましょう。

【関連記事】⇒子供の紫外線対策はどうしたらいいのか?