紫外線対策は何歳から行っていますか?
紫外線対策を何歳から行えばいいのか、自分の子供の紫外線対策は行った方がいいのかなどなど、考えることは様々あるかと思います。

今回は、何歳から紫外線対策を行っていればいいのか?ということに焦点を当てていきたいと思います。

母子手帳欄にある変化が

実は、母子手帳の中に昔は「日光浴のすすめ」といった項目があり、どれくらい子供を外で遊ばせているかなどの記録を取る欄があったのですが、これが1998年には廃止されました。
代わりに外気浴といった項目に変わっているんですね。

理由としては、紫外線によるダメージによって皮膚がんなどを起こしてしまう危険性があるということが分かってきたためです。

つまり、紫外線対策は何歳からという概念は、もはや捨てなければいけません。

出来る紫外線対策は0歳から行う

どうやら、町中でアンケートを取って調査をしたという統計が出ているのですが、この統計を見ると、なんと半数以上の女性が「自分の子供にはもう0歳から紫外線対策を行っている」と答えたようなんです。

0歳から行うって、大げさじゃない?と思っている方は、甘いです。
赤ちゃんの皮膚は、私たち大人の半分ほどの薄さしかありません。
そのため、紫外線対策を行わずに紫外線にさらしていると、私たち以上のダメージをうけてしまいます。

赤ちゃんのうちに、目に見える変化がなくても、大人になるとそれが表面化されてくるのも特徴です。

なので、紫外線対策をするのであれば、0歳のうちからさせてあげることが大切です。

具体的にどんな対策をしてあげればいいのか

赤ちゃんのうちは、自分で外に出ることが出来ないため、大人がしてあげられるので、ある意味ラクチンに済みます。
赤ちゃん用の日焼け止めを塗ってあげたり、帽子をかぶせてあげたり、ベビーカーであれば日よけをちゃんとしてあげたりです。

また、紫外線のピークは午前10時~午後2時ですから、その時間に外に出なければOKです。

ところが、少し成長してくると遊びたい盛りになり、時間や日焼けなど関係なくすっ飛んでいくようになります。
これが一番厄介な時期ではあります。
ちゃんと理解のある子であれば、太陽さんは怖いんだよという説明をしながら紫外線対策を行うことの大切さを教えることが出来ますが、ちょっとヤンチャな子供だと聞く耳を持たない子もいます。

その場合は、町内会や地域ぐるみで、外の環境を変えるしかありません。

大人になってからはどうなのか

私たちの紫外線対策もいろいろありますよね。
スキンケアであったりサプリであったり、日焼け止めクリームやスプレーなど実に様々です。

私たちの場合は、理屈がちゃんとわかっていますので、正しい紫外線対策を行っているのであれば、何も問題はありません。

夏場の長袖は暑苦しくても、気になる方は、そういった対策もとっているようです。
日傘なんかはオシャレでいいですよね。

【関連記事】⇒子供の紫外線対策はどうしたらいいのか?