ターンオーバーが乱れてしまうと、様々な肌トラブルを引き起こす要因となります。
そもそも、どうして乱れるのでしょうか? 原因について説明いたします。

主な原因は、こちらです。

生活習慣の乱れ

睡眠不足にはご注意ください。
なぜなら、睡眠中に成長ホルモンが最も分泌されると言われています。
成長ホルモンが分泌されることで細胞が修復され生まれ変わるのです。
ターンオーバーが行われるのも、この睡眠中です。
そのため、充分に眠れていないと、成長ホルモンの分泌量も減り、ターンオーバーもきちんと行われなくなってしまいます。
正常に行われないことが続くと、やがて、周期が遅くなり、機能も低下してしまいます。

食生活の乱れ

脂っこいものばかり食べるなどしていると、栄養が偏り、ターンオーバーを乱す原因になる場合があります。
バランスよく食べるように心がけましょう。

運動不足

運動量が足りないと、血流が悪くなり、乱れる要因に繋がる恐れがあります。
激しい運動でなくても効果がありますので、運動不足と感じておられる方は、軽い運動から始めるようにしましょう。

ケア不足

スキンケア不足によって乱れることもあります。
特に、紫外線と乾燥、摩擦には気を付けてください。

・紫外線…紫外線を浴びることにより、メラニン色素が生成されます。
少しの紫外線なら問題ない場合がほとんどです。
むしろ、メラニンが紫外線を吸着してくれるため、生成されることはいいことと言えます。
しかし、紫外線をたくさん浴びてしまうと、メラニン色素の過剰生成が起きることがあります。
そうなると、ターンオーバーが乱れてしまいます。
乱れてしまうと、紫外線を吸着したあとも、体外へ排出されずに肌に残り続けてしまう恐れがあります。
UV対策は怠らないようにしましょう。

・乾燥…乾燥も同じく乱れる原因となります。
乾燥が続くと、肌へダメージを与えてしまうことになり、そのダメージが蓄積されると、乱れる要因となってしまうのです。

・摩擦…肌を擦ってしまうことも、要因のひとつです。
摩擦がダメージとなってしまうのです。
摩擦が起きやすいシーンには、
・お顔のマッサージ
・洗顔中
・洗顔後にお顔を拭くとき
・衣服やアクセサリーが肌へ触れる
などがあります。

そのほか、スキンケアアイテムがご自身の肌と合っておらず、乾燥対策などがきちんとできない場合に乱れやすくなります。

メンタル

ストレスも肌トラブルと深い関係にあります。
ストレスが溜まると、体が緊張状態に陥り、血流が悪くなります。
そのため、肌荒れが起きやすくなるのです。
また、ターンオーバーも乱れやすくなってしまいます。

などがあります。これら以外にも、刺激の強いコスメを使用するなどいくつか原因となりうることがあります。
どれがよくて、どれがダメなのかわかりにくいものもあるかと思いますが、ポイントとしましては、肌・体・心に負担をかけないようにすることです。
肌にも体にも心にも悪いことは、ターンオーバーの乱れにも繋がる恐れがあります。

【関連記事】⇒どんな成分がターンオーバーを促す?