ターンオーバーを調整するための栄養にはどのようなものがあるのでしょうか? また、その根拠とは何なのでしょうか?
調べましたので、ご覧ください。

調整するための栄養と根拠について

調整するためにいい栄養素、そしてその根拠としましては、

ビタミンA

遅れた周期を調整するのにもってこいです。
なぜなら、ビタミンAは体内で、レチナールやレチノイン酸、レチノールとなって活性化して、ターンオーバーを促進してくれるからです。
かぼちゃ、ニンジンといった緑黄色野菜に多く含まれているほか、鶏や豚のレバー、うなぎなどにも含まれています。
緑黄色野菜なら、それほど気をつけなくても、日々の食事で摂取できそうですね。

ビタミンB群

ビタミンB群は、皮膚や粘膜の発育を促す作用がありますので、新陳代謝機能の調整に必要とされています。
また、乾燥や肌荒れを予防しますので、サイクルの遅れや機能の低下を修正してくれることに期待がもてます。
ビタミンB群が不足すると乾燥しがちになりますので、補うようにしましょう。
ビタミンB群は、豚肉、大豆、卵、乳製品、魚類に多く含まれています。
こちらも、比較的摂取しやすいです。

ビタミンC

ビタミンCは、ターンオーバーを調整するのに欠かせないとも言えます。
その根拠はというと、抗酸化作用が高く、メラニン色素の生成を抑制する作用もあるからです。
キウイフルーツ、レモン、いちごなどの果物、そして、ブロッコリー、ホウレンソウなどの野菜に多く含まれています。
スムージーなどにすると摂取しやすいかと思います。

ビタミンE

こちらも抗酸化作用が高いです。また、血行を促進する働きも持ち合わせており、ターンオーバーを正常化へと導いてくれます。
ごま油やナッツ類、アボカドなどに多く含まれています。
主食というよりは、付け合せやデザートとしての摂取が簡単かと思います。

たんぱく質

たんぱく質は皮膚や髪の毛を構成する大切な成分です。たんぱく質をきちんと補うことで、ターンオーバーの調整や促進にも繋がります。
また、それだけではなく、免疫力のアップや健康維持の効果もあります。
美肌のためにも、健康のためにも摂取しておきたいものですね。
鶏肉、豚肉、牛肉などの肉類、あさりなどの魚介類、チーズなどの乳製品に多く含まれています。
そのほか、大豆などの豆類、ジャガイモなどのイモ類、白米にも多く含まれています。
ただし、肉類から摂取できるのは動物性たんぱく質です。
あまり肉類からばかり摂取していると、悪玉コレステロールが増えてしまう原因となります。

セラミド

保湿効果や美白効果があるとされます。保湿効果で肌を守ってくれるため、ターンオーバーの調整にも一役かってくれます。
こんにゃくやブロッコリーに含まれています。

などです。

まとめ

色々な食べ物に、いい栄養素が含まれているのですね。
ただし、いいものだからといって、とりすぎてしまうと、栄養が偏ってしまい、よくありません。
また、過剰摂取により、悪影響が出る恐れもあります。
過剰に摂取せず、バランスよく、を心がけましょう。

栄養素によっては食材からの摂取となると、摂取しにくいものもあります。そういった場合は、サプリメントで補うことをおすすめいたします。

【関連記事】⇒すぐに始められる、ターンオーバーの整え方とは?