紫外線がお肌に与える影響がどのようなものかご存知でしょうか?
実は、紫外線はお肌に多大な影響を与えるので、紫外線はきちんと対策する必要があります。

若いから大丈夫、手遅れだし面倒だからいいなどと言わず、今後は少しでも紫外線を気にしていただけたら幸いです。

◆サンタン◆
日焼けをする際に、黒く日焼けする方のタイプをサンタンといいます。
サンタンは、UV-A波によって少しずつ日に焼けてしまうことを指します。
また、UV-Aというのは、生活紫外線とも言います。
肌への痛みや刺激といった影響は少ないのですが、美白・美肌を目指して頑張っている!という方は、この焼け方は大問題です。

なお、肌の痛みなどは少ないとはいえ、長期間紫外線を浴び続けるとお肌の老化を早めるという影響が出てきます。
そのため、多少は妥協できますが、紫外線の浴びすぎには注意しましょう。

◆サンバーン◆
サンバーンとは、端的に言えば皮剥けが起こる日焼けです。
サンバーンになりやすい体質の方も多いかと思います。
このサンバーンは、UV-B波によって引き起こされるもので、肌への影響としては赤く焼けるといった感じになります。
UV-B波は、主にレジャーなどに出かけた際になることが多い為、レジャー紫外線とも呼ばれています。

こちらは、水ぶくれが出来たり、かゆみが出たりするため少々厄介かもしれません。

◆シミやそばかすはUV-B波◆
UV-B波は肌表面で吸収されるため、真皮層までたどり着くことはありませんが、非常にエネルギーの強い波長です。
そのため、表皮の細胞を壊し、シミやそばかすを作り出します。
ただ、特徴としては、すぐにシミやそばかすになるのではなく、時間をかけてゆっくりと表面化されてくるので、ターンオーバーを促すことが重要になってきます。

◆シワやたるみはUV-A波◆
UV-A波はB波に比べてエネルギーはありませんが、真皮層まで達してしまうという特徴があります。
そうすると、お肌のハリや弾力を生むために存在しているコラーゲンやエラスチンを破壊します。
コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった成分を破壊された皮膚はだんだんとハリがなくなり、たるみなどが生じます。

◆免疫機能が低下する◆
実は、お肌に与える影響もさることながら、紫外線は免疫機能を低下させてしまう原因にもなります。
そのため、日焼けをしている方と色白の方では、実際に健康なのは色白の方なんだそうです。

◆皮膚がんになる可能性も◆
紫外線について様々な情報をお伝えしてきましたが、やはり紫外線を浴びすぎるというのは、皮膚がんの可能性も出てきてしまいます。
そのため、皮膚がなんか変だなと思ったら、早急に皮膚科へ行くことをお勧めします。

皮膚がんにも種類があるようですが、種類に関しては写真などがあった方が分かりやすいかと思いますので、ぜひ探してみてください。

以上が、紫外線がお肌に与える影響についてですので、皆さんも注意してくださいね。

【関連記事】⇒紫外線対策って、何歳からしたらいいの?