イボケア用のイボコロリですが、何と、シミもとれるという説があります。
それは本当なのでしょうか?
その真相について調べました。

液体と絆創膏タイプのイボコロリはシミを消せる?

発生場所として、多いのはお顔ですよね。
そもそも、イボコロリは顔へ使用してはなりません。
そして、イボ除去のために作られている商品ですのでそれ以外の用途では使用しないべきです。

もし、顔へ使用した場合は、サリチル酸を含んでいることから、痛みを伴う恐れがあります。
一時的な痛みだけならまだしも、その後、色素沈着や炎症が起きてしまう場合もあります。
自然治癒では改善しない跡が残ることだってあります。

イボ以外の症状に効果があるない以前の問題なのですね。
消えたという意見があったとしても、絶対に使用しないようにしましょう。

とは言え、本当に消えることもあるのかどうか気になるところですよね。
消すことができるかどうかですが、イボコロリは、皮膚の表面を剥がすことができるため、シミを消すことができる場合があります。
でも、使用することは、絶対に、本当におやめくださいね。
美を手に入れようと使用して、取り返しのつかない傷を負ってしまっては元も子もありません。

消せる・使えるイボコロリ

液体タイプと絆創膏タイプは顔へ使用できませんが、内服タイプでしたら、問題ありません。
そして、何と、この内服タイプならイボ以外の症状にも効果が期待できるというのです。

なぜなら、主成分となっているのはヨクイニンだからです。
ヨクイニンはイボ治療に効果的な成分として有名ですが、実はシミにも効果が期待できるのです。
さらに、美肌作り、エイジングケア、乾燥肌対策にも有効であるとして、人気の成分でもあります。

一体、どういった点から、有効なのかというと、ヨクイニンは血行の改善やリンパの流れをよくする働きを持っているのです。
血行がよくなり、リンパの流れもよくなると、ターンオーバーが整いやすくなり、透明感のある瑞々しいお肌へ導いてくれることに期待ができます。
そして、お肌の新陳代謝が高まると、シミの正体である不要な角質を排出することもできます。

ですので、内服タイプでケアを続けていると、症状を緩和、改善に導きつつ、シミのできにくい肌質、体質へと内側から変えてくれることに期待ができるのです。

基本的に内服でのケアは時間を要するものなので、長期的な服用が可能となっています。
ですので、特に気になる副作用などはありません。
安心して続けることができます。

また、ニキビなどの肌荒れ自体が発生しにくい、強い肌作りにも期待ができるため、おすすめです。

注意点としましては、
・薬ではないため、即効性がない
・体質や肌質によっては期待するほどの改善がみられない場合もある
といった点です。

シミは疾患ではないため、放置しておいても問題はありませんが、見た目が気になってしまい、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
本格的に改善を求められるのでしたら、皮膚科での治療や、専用のスキンケアアイテムなどで改善されたほうがいいでしょう。
また、それらとイボコロリの内服錠を併用することは、相乗効果となるかと思いますので、おすすめです。

【関連記事】⇒イボコロリの効果をまとめました!顔・首イボに使える?