首のイボで悩んでいる方は、より強力な成分の配合された商品で、できれば一撃で治したいというのが本音です。

そこで登場するのが「サリチル酸」という成分です。
この成分はとても強力で、よくイボを取る塗り薬などに配合されています。

しかし、首のイボには、このサリチル酸は使用してはいけないのです。
また、そういった商品にはその旨がしっかりと掲載されています。

では、なぜ首のイボにサリチル酸は使用してはいけないのでしょうか?
首のイボ、顔のイボには共通点があります。
皆さんもお分かりの通り「皮膚が薄い」という点です。

サリチル酸は大変強力な成分であるため、首や顔などの薄い皮膚に使用すると、健康なお肌にまで影響を及ぼしてしまい、かえって炎症を起こしてしまうのです。
酷いときは、火傷のような症状が出ることもあります。

それだけサリチル酸とは強力な成分なのです。
そのため、イボを治すのに代表的な「イボコロリ」などは顔のイボや首のイボに使用してはいけないんだそうです。

ただ、イボコロリには最近、錠剤のものがあります。
こちらにはサリチル酸は配合されておらず、即効性を求めている方にとっては苦行かもしれませんが、安全安心に首のイボを治したいのであれば、イボコロリは錠剤を飲むようにしましょう。

また、首のイボには種類があるため、一概にスキンケアのみで治るとは言えませんが、老人性イボであれば、角質の塊なので、角質ケアとターンオーバーを心がければ解消することは全然可能です。

しかし、尋常性疣贅といったウイルス性のイボになってくると、広がる恐れもあるので、しっかりと皮膚科などでお医者さんに診てもらった方が賢明かもしれません。

サリチル酸を使用したい気持ちはわかりますが、絶対に使用しないでください!
イボで悩んでいたものが炎症や火傷のような症状で悩んでしまうことになります。

サリチル酸が使用できる部位を念のためお伝えしておきますので、参考にしてみてください。

サリチル酸の配合された商品が使用できる部位は「足の裏」、「手の指」などになります。
肘や膝も一見使用することが出来そうですが、肘や膝もまたデリケートな肌質をしているので、あまりお勧めはしません。

首のイボで悩んでいる方は、サリチル酸よりもスキンケアについて色々と調べてみた方が、時間はかかっても安全に治すことが出来そうですね。

少し触れましたが、お肌の角質ケアを促しながら、ターンオーバーを整えていくだけでかなり違いがあります。
角質が溜まるのはお肌のターンオーバーが乱れているためであり、お肌のターンオーバーが乱れるのはお肌のバリア機能が低下しているというところにあります。
これらをピンポイントで少しずつ解消していけば、首のイボとはさよならできるかもしれません!

現在使用しているスキンケア商品では駄目だ!とお思いの方は、スキンケア商品の見直しをするのも一つの手ではないでしょうか?
お勧め成分としては杏子エキス、杏仁オイル、ハトムギなどが挙げられますので、参考にしてみてください。

【関連記事】⇒顔のイボの取り方について知ろう!