乾燥肌でもオールインワンゲルを使用することは可能なのでしょうか?
実は、オールインワンゲルはとても手軽にお手入れを出来るだけではなく、現在では機能性も高くなってきているものがたくさんあります。

ここでご紹介するのは、乾燥肌でも使用することのできるオールインワンゲルはあるのか?という点についてです。
早速ご覧ください。

◎オールインワンゲルはタイプ別になっている

オールインワンゲルを選ぶとき、一番気になるのはお肌に合うかどうかかと思います。
そこで、注目していただきたいのが、化粧水タイプ、クリームタイプ、ゲルタイプの3種類があるという点です。
中でも、乾燥肌にお勧めなのはゲルタイプのものになります。
水分と油分をバランスよく配合しているオールインワンゲルなので、両方が必要な乾燥肌にはもってこいのタイプなんですね!

◎乾燥肌にも様々ある!

乾燥肌と一言で言っても、微妙な個人差ってあると思うのです。
ですから、これがいいよ!とすべての方にはなかなか言えませんが、機能的なもので、お勧めのものをご紹介していきたいと思います。

1.セラミドが配合されている
セラミドは、現在のスキンケア商品であれば、どの商品にも配合されているのですが、重要なのはその配合量です。
たっぷりと配合されているオールインワンゲルほど、乾燥肌の方には大変おすすめです。

2.添加物が配合されていない
乾燥肌の方が一番気になるのは、恐らく添加物でしょう。
添加物が配合されているだけで、お肌に異常が出てしまったりする方も少なくないことと思います。
出来る限り無添加のオールインワンゲルを選ぶようにし、あわよくば7つのフリーくらいのものを選んでみてください。
無添加でも気になるという方は、パッチテストをするのがお勧めです。

◎乾燥の原因を探ろう

そもそも、乾燥の原因が分からないと対処のしようがありません。
ところが、乾燥の原因は人それぞれなのです。
水分が足りていない、油分が足りていない、紫外線ダメージがひどく、乾燥するようになってしまったなど、実に様々です。

水分が足りていないのかな?と感じる方は、オールインワンゲルの前に化粧水を浸透させておいてあげると、オールインワンゲルの効果がより出ます。

油分が足りていないのかな?と感じる方は、オールインワンゲルの後にクリームを使用してみてください。
クリームだけだと蒸発してしまいますので、乳液でのフタもお忘れなきようお願いしますね。

紫外線ダメージかな?と思う方は、日頃の日焼け止め対策を今一度見直してみましょう。
例えば、SPFの数値を上げてみることや、PAのプラス値を上げてみる、化粧下地を変えるなど、対策はいくらでも行えるものです。

◎洗顔方法も重要なポイント

洗顔を皆さんはどのように行っていますでしょうか?
しっかりとW洗顔を行っている方は問題ありません。
しかし、W洗顔にも乾燥肌の方にお勧めの方法があるようなので、こちらもご紹介していきたいと思います。

まずは、クレンジングですが、クレンジングはできるだけクリームタイプ、ジェルタイプのものをお勧めします。
オイルタイプは必要な油分も取り去ってしまい、乾燥に繋がります。

2度目の洗顔は泡の上から、お肌に触れない程度に洗顔を行うことがポイントになるようです。
刺激を与えずに汚れを落とすイメージです。

【関連記事】⇒オールインワンゲルの正しい選び方!